審美歯科のメリットとデメリット

###Site Name###

審美歯科とは、歯科の中でもより審美面にこだわった治療をします。
一般的な歯科医院では、歯が虫歯で痛めば、どこが虫歯かを探して削って銀歯を詰めます。

@niftyニュースに関する疑問にお答えします。

これで痛くて噛めなかった歯の痛みをとると共に、噛むという大切な体の機能を回復することができます。

しかし、銀歯というのは口の中にあるととても目立ってしまいます。

笑った時に銀歯が見えることをコンプレックスに感じてしまう人もいます。



これは、銀という色が口の中にないために、悪目立ちしてしまうことが原因です。噛むという機能だけを回復しても、審美的な面では回復できていないために起こる現象です。


そこで審美歯科では、銀歯を使わずに白い素材で治療していきます。

こうすることで、銀歯より自然な見た目になり、噛むという機能に加えて、見た目の美しさも回復することができます。

黄ばんだ歯を白くするためのホワイトニングも審美歯科の治療です。

審美歯科では満足度の高い治療を受けられるメリットがあります。

しかし、このような治療には保険が適用されないために、治療費が高くなってしまうというデメリットがあります。
保険では最低限の治療しか受けられないので、白い材料などこだわった治療はすることができず、全額自費扱いになってしまいます。

金額というデメリットさえなければ、全ての人が審美歯科の治療を受けたいと希望するほどの技術です。

渋谷の審美歯科の便利な情報を集めたサイトです。

しかし、一度払ってしまえばきりえな状態を長く保て、銀歯が嫌だとずっと思い悩むことはありません。